放送文化基金賞

NHKスペシャル『詐欺の子』が放送文化基金賞で最優秀賞を頂くことができた。

僕は人生で初めて授賞式に参加した。

始まる前のこと

緊張しながら控室に入ると中村蒼くんが支度をしていた。
蒼くんがいる空間はものすごく居心地が良い。
時間がゆっくりになって、静かで穏やかになる。

二人で会場に入った。
係の方が『名札はつけなくて大丈夫』と言っていたが、ほぼ皆つけていた。
蒼くんと僕はコソコソと相談して、結果つけることにした。

監督の言葉

式は進み、僕たちはステージの横で待機した。
監督の川上さんは多分僕より緊張していた。

『当たり前に人を信じられる世の中を取り戻したい。』

川上さんのこの言葉をスローガンに撮影は進んでいった。

きっとこうやって賞を頂けたのは、監督のこのメッセージが伝わった証拠だ。

そう思うと本当に嬉しくて『監督!監督!』と大声で祝福したくなったが、会場から追い出されてしまうかもしれないのでやめた。

励ましの言葉

桃井かおりさんは演技賞を受賞された。

同じ空間で演技をできたこと。
現場で頂いたアドバイスは一生忘れられない宝物になっている。

お礼を伝えにいくと
『これ持って写真撮ってきなさい!』
と盾を渡して下さった。

『あんたより出てないのに、あたしに賞取らせてどうすんの!』

また一つ一つ丁寧に、頑張ろう。
最高の励ましの言葉を頂いた。いつも頂いてばかりだ。

それぞれの道へ

そのあと、皆でご飯を食べた。

約1ヶ月の撮影を共に過ごしたスタッフの皆さん。
色んなことで沢山助けて頂きました。

近況報告や思い出話。
時間はあっという間に過ぎた。

本当に素晴らしいスタッフの皆さんと作ることができて光栄です。

そしてそんなドラマを、もっともっと多くの方に観て欲しい。

どうか機会があれば宜しくお願い致します。