夏の終わりに

『夏っぽいことしたー?』

毎年この時期になると会話の始めはだいたいこのセリフだ。

社会人になってから『夏休みだぜー!いぇーい!』みたいなことは一切なくなった。きっと多くの人はそうだ。

海外のお父さんはこう言う。
『家族のために仕事してるんだ。休日はしっかり家族と楽しんじゃうぜ?』

そんな生活に憧れつつ、毎年しっかりと忙しい夏を過ごしている。

この夏僕は、空の広い場所に家を借りた。
静かで穏やかな場所でとても気に入っている。

タオルを首に巻いて部活にいく青年たち。
マンションで追いかけっこしてお母さんに怒られる少年たち。
縄跳びの難しい技に挑戦する女の子。
『旅行に行く!』という花屋のおじさんとおばさん。
(なんとこの花屋さんは1ヶ月も休み!一体どこに行ったのか聞きたい。)

小さな町に、みんなそれぞれの。たくさんの夏があった。

僕の小さな夏休み

ある夜、家の前に体を黒く光らせる物体がいた。

『ご、ゴキブリだ!』

そう思って思わず立ち止まった。

『そこをどいてくれ!なんでわざわざ俺の家の前に!』

しばらく様子を伺っていると、妙な感じがした。

『んん?ツノがあるぞ?』

カブトムシだった。

その夜は割り箸でつついて追いやってしまったけど、夏の思い出をくれたあのカブトムシにお礼を言いたい。

どうもありがとう。