『趣味とかってある?』

よくある質問。

音楽とかスポーツとかは無難な答えだけど、ふと思い出したことがあった。

向上心のない趣味

趣味の一つに『カメラ』がある。

向上心のない趣味だ。

カメラ本体が好きな訳でもなく、写真を見たりすることが好きな訳でもない。

カメラを持って出かけることが好きなのだ。
手に持って出かけるだけで、ウキウキ度が倍増する。

行った先で、目についた風景に向かってシャッターを押すだけ。
こだわり無しなので、全く上手くならない。
でもそれくらいが気楽で楽しめたりする。

ついこないだのことだ。

秘密の趣味である『競輪観戦』に行った。

『ゴールする瞬間を撮ろう!選手達の姿、絶対カッコいいぞ!』

そう思ってゴール前でカメラを構えた。

警備員のおじさんがきて『本当は許可が必要だけど、1回だけね。頑張って!』
と謎の応援もあり、僕は初めてカメラを持って気合いが入った。

そして現像した写真がこれだ。

カメラにはシャッタースピードなどというややこしい機能があり、僕は向上心がなかった為に全く理解していなかった。

それだけではない。
ピントもフェンスに合わせている。
言い訳する余地もない。完璧な0点だ。

写真屋さんでこれを見て、自分への怒りと恥ずかしさで顔が熱くなった。

あの日頑張った選手の皆さん。
応援してくれた警備員のおじさん。
昔同じカメラを使っていたぞ!と話しかけてくれたおじいさん。

思い出すだけで涙が出そうだ。

『なぁにが向上心のない趣味だ。ただの知識不足じゃねぇか。』
おじさん達に知られたら絶対にこう言われてしまう。

僕はそれからシャッタースピードや絞りなど、調べに調べまくった。
もちろんまだまだ使いこなせないけれど、知識だけは一丁前に増えた。

『めっちゃめちゃ頑張れば、写真家になれるんじゃね!?』

結構本気でそう思ったけど今これを書いている間に『何を言っちゃってるんだ。写真家に怒られるぞ?』と夢を諦めかけた。

言うだけ、やるだけなら夢を持ったっていいのにね。

子供の頃なんてそんなことの繰り返しだったのに、大人になってから何でも『バカみたい』と簡単に諦めるようになった。

とは言っても、まずはまともに写真を撮れるようになろうと思います。

向上心のない趣味から目標ができました。

皆さんは『向上心のない趣味』ありますか?