ご覧の皆さん、お変わりありませんか?

この先の世の中が全く想像できない恐ろしさが、日を追うごとに強くなってきています。
もしかしたら、ほんのちょっとだけ想像できるから怖いのかもしれません。

生きている中で、現実を無視することはきっとできない。
だから、自分が発信するものに触れてもらっている間は楽しんでもらえるように。
たった一人だったとしても何かその人の希望になるように、と思って色々やってきました。

でもそんな中で、僕もさすがに不安になってきちゃいました(笑)
言わなきゃいいのに「やばい、これからどうなるんだろう」って誰かに言いたくなってしまって。

そんな時に、自分の書きかけ日記に「おっ」と思わされたのでした。

例えば、悩みを誰かに話した時。
相手の返答を聞く前に、自分の中で解決しちゃったりしたことってありませんか?
一生懸命伝えているうちに「あぁ、そんなことか」って。

この繰り返しで成長していくのかなぁ?

そんな風に思ったことが、日記を書いた22歳くらいの頃にあったのです。
またそれを誰かに話したことで、何か自分の中で納得できたのだと思います。

話すことも聞くことも大切だな、大事にしようって感じたのがあの頃でした。

当たり前だけど、この期間中に人と会って話すことは激減した。
まさかの一言も喋らない日もある。

周りでは撮影する予定だったものがなくなったり、舞台が中止になったり。
極端だけど「俳優」でやっていけるのか?と、ふと考えてしまった。

でもやっぱり知らない世界を体験したり、役を通して誰かの人生を経験できることが、僕にとって一番の楽しみです。

「これが自分の楽しみなんだ」ってちゃんと気付けたのも、誰かに話したことがキッカケ。

だから続けられるようにどうか元の状況に戻って欲しいし、新しい形を必死に模索したい。

きっと僕と同じようにこの期間中に不安になったり、話したいけれど話す場所がなかったりする方も、もしかしたらいるのかな?と思いました。

そんな時はCONTACTからどうぞ。

あまりに変なメールでない限りウェブサイトから返信しますし、フォームに書くだけ書いて送らない自問自答スタイルもオススメです!

あ、今日はこどもの日だ。